vue初期化プロセス

vue初期化プロセス
Vueの初期化の流れは、new Vue()から始まり、以下の図から見られます。new Vue()の後で、initを実行して、更に$mountはマウントを実現して、更にコンパイルのcompleに行って、render関数を生成して、続いて応答式が収集に依存するので、pachを通じて(通って)非同期の更新を実現します。render functionはVnodeノードに変換され、Virtual DOMはJavaScriptオブジェクト(Vnodeノード)をベースにしたツリーです。真実のDOMについての説明です。patch()を通じて本当のDOMに変換します。データに変化がある場合、setter-gt;Watch->udateでビューを更新します。Vue全体の運行メカニズムは大体このようです。Vueのインスタンスは、作成から廃棄までのプロセスはライフサイクルです。データの作成、初期化、テンプレートのコンパイル、マウントDom→レンダリング、更新→レンダリング、アンインストールなど一連のプロセスを開始します。Vueというライフサイクルです。