ソフトウェアテストプロセスの骨図

ソフトウェアテストプロセス:需要分析、テスト計画を作成し、テスト用例と作成、テストを実施し、欠陥報告を提出し、テストのまとめと報告を生成する。ソフトウェアテストは研究開発段階によって、普通5つの部分に分けられます。ユニットテスト、統合テスト、確認テスト、システムテスト、検収テスト。設計用例の方法によって、ブラックボックスのテストは、等価分割法、境界値分析法、エラー推定法、因果図法などを含む。ホワイトボックステストには、論理カバーテスト方法、基本パステストなどの方法があります。