SWOT分析モデル

SWOT分析とは、内外部の競争環境と競争条件に基づく態勢分析で、研究対象と密接に関係する各種の主要な内部優勢、劣勢、外部の機会と脅威などを調査によって列挙し、行列形式に従って並べ、系統的に分析する思想を用いて、さまざまな要素を相互に整合して分析し、その中から一連の相応するものを導き出すことである。結論は通常一定の決定性を持っている。S(streengths)は優勢であり、W(weakness)は劣勢であり、O(opportnities)はチャンスであり、T(threat)は脅威である。SWOT方法の貢献は、システムの思想でこれらの独立しているような要因を総合的に分析し、企業戦略計画の策定をより科学的かつ全面的にすることにある。