大データ複雑事件処理

大データ複雑事件処理
複雑なイベント処理(CEP)は、フロー処理に基づく技術であり、システムデータを異なるタイプのイベントと見なし、イベント間の関係を分析することによって、異なるイベント関係のシーケンスライブラリを構築し、フィルタ、関連、集約などの技術を利用して、最終的に簡単なイベントによって高級なイベントを発生させ、モード規則の方式で重要な情報を追跡し分析する。リアルタイムデータから価値のある情報を発掘する。Streamingはデータを受信するとすぐにデータを加工処理します。データは逐条送信して時間列に並ぶので、水流のようにデータストリームと呼ばれます。Streamingはデータストリームを操作するので、ストリーム処理Streamingの特徴としてリアルタイムに応答し、低遅延です。データは保存しないで、先に計算して、連続して問合せして、イベントは駆動します。Streaming応用シーンのリアルタイム分析:リアルタイムログ処理、交通流量分析など。Flink CEPは、flink上で実現される複雑なイベントハンドリング(CEP)ライブラリであり、イベントフローでイベントのパターンを検出することができます。データの重要事項を把握する機会があります。