円形レーダー図

円形レーダー図
円形レーダー図は、異なる系列の複数の次元のデータ量を座標軸にマッピングし、これらの座標軸は同一の円心点から始まり、通常は円周エッジで終了し、同じ組の点使用線を接続し、透明度のある色塗りつぶし線と円心の領域で系列を区別する。円形レーダー図は性能データを示すのに適している。このレーダー図は次元間の度数が異なるため、次元間の比較ができない。レーダー図は主に企業の経営状況――収益性、生産性、流動性、安全性、成長性の評価に適用されます。上記の指標の分布がレーダーの形によく似ていることから名付けられました。