フローチャート

図形を使ってアルゴリズムの考えを表すのは素晴らしい方法です。何故なら千語は一枚の図に及ばないからです。フローチャートはアセンブリ言語と初期のBASIC言語環境において適用される。フローチャートは、1つのシステムを流れる情報の流れ、観点の流れ、またはコンポーネントのストリームを表す図である。企業の中で、フローチャートは主にある過程を説明するために使われます。このような過程は生産ラインのプロセスでもあるし、一つの任務を遂行するために必要な管理過程でもあります。フローチャートは、入出力図とも呼ばれることがある。図は、作業プロセスの具体的なステップを直観的に説明する。フローチャートは、物事がどのように進行されているかを正確に知ることと、どのように過程を改善すべきかを決定することに役立つ。この方法は企業全体に使用でき、企業の運営方式を直観的に追跡し、図解する。フローチャートは、いくつかの標準シンボルを使用して、いくつかのタイプの動作を表し、決定がひし形の枠で表されるように、具体的なアクティビティはブロックで表される。これらのシンボル規定よりも重要なのは、作業手順を明確に説明しなければならない順序である。フローチャートは設計改善の作業過程にも使用できます。具体的なやり方はまず何をするべきかを描いて、それを実際の状況と比較します。