二叉の木を巡る3種類の図

二叉の木を巡る3種類の図
二叉の木を遍歴する過程で、左の木を遍歴して、右の木を遍歴するのが一般的です。先に左の後で右の原則の下で、二叉の木のは3種類に分けられて、前の順序は遍歴します:ルートノード+左の子樹+右の子樹。左のサブツリーと右のサブツリーを遍歴した時も、先にルートノードにアクセスして、左のサブツリーを遍歴して、最後に右のサブツリーを遍歴します。左のサブツリー+ルートノード+右のサブツリーを連続して巡回します。左右の木を遍歴する時、やはり左の木を遍歴して、またルートノードを遍歴して、右の木を遍歴します。左サブツリー+右サブツリー+ルートノードを巡回します。左右のツリーを遍歴した後も、左のツリーを遍歴し、右のツリーを遍歴した後にルートノードを訪問します。